クレジットカード現金化の流れとリスク

クレジットカード現金化の流れを簡単に

クレジットカード現金化とは、クレジットカード内のショッピング枠をなんらかの形で現金化することです。
これは違法である可能性がある上に、クレジットカード会社の規約に違反するので色々な点でリスクがあります。
クレジットカードを現金化をする方法は大まかに言えば二つあります。
ひとつは現金化業者を使って指定された商品を買い、その後でキャッシュバックしてもらう方法と、自分で現金化が容易な物を(例えば携帯ゲーム機や新幹線の回数券)などを買いそれをオークションや金券ショップに売る方法です。

この現金化はダーティな方法なので、当然リスクはあります。
まず、業者を使って現金化を行う場合、悪質業者に引っかかる場合があることです。
悪質業者に引っかかってしまうとキャッシュバックがされずに
ただカードのショッピング枠を使い切るだけで終わってしまったり、色々と怖い思いをすることになります。

自分で現金化する場合はそのようなリスクはありませんが、その代わり現金化の率が低いです。
10万円分の物を買っても8万円しか現金に出来ないこともあります。
それ以外にも新幹線回数券など現金化しやすいものをたびたび買っていることがカード会社にばれるとかなりの確率でカードを止められてしまいます。

どちらにしてもろくな事がありませんので、カードの現金化はやめておいたほうが無難でしょう。

クレジットカード現金化のリスクについて

クレジットカード現金化の違法性については現状ではかなりクロに近いグレーゾーンと言ってもいいでしょう。
摘発される危険性は少ないとしても大きなリスクを負う可能性があります。

クレジットカード会社との関係

クレジットカード現金化はクレジットカード会社と結んでいる利用規約に違反しています。
クレジットカード利用者は利用規約に同意していることでクレジットカードを利用していますからクレジットカード現金化がクレジットカード会社に知られた時点でクレジットカードの利用停止、それまでの利用金額の一括返済を求められる可能性が高くなりますし、それ以降のクレジットカードを新規に保有することはできなくなるというリスクがあります。

公的な権利との関係

クレジットカード現金化をしていると、自己破産ができない可能性があります。
自己破産をするためには裁判所に自己破産を申告して認めてもらう必要がありますが、クレジットカード現金化をしていたことが分かると自己破産の決定をしてもらえないことがあります。
必ず決定してもらえないということはありませんが、公的な権利でもある自己破産が決定されない可能性があるというリスクがあることには間違いありません。

 

クレジットカードの違法性について

クレジットカードとは、キャッシングと呼ばれる、お金を融資する為のシステムが備わっている、とても便利なカードの事です。 なので、通常ではこの仕組みを利用して、必要なお金を借り受ける、機能となっています。 本来クレジットカードのキャッシングでは、使用しても、借り入れたお金の返済が、確実に払える金額でしか、融資を受けられない、システムになっております。 そうした事から、ショッピング枠を
» クレジットカードの違法性について の続きを読む